参加と交流のひろば WEB版エリアニュース:静岡県

東部2(三島、伊豆中、沼津、駿東)

【しずおか東部2エリア】福島県に行ってきました(レポーター:大隅エリアコーディネーター)

2015年 11月16日

こんにちは、東部2エリアコーディネーターの大隅です (^o^)
今回、組合員13名と一緒に福島県へ行ってきました。

 

一旦停車したバスの車窓から、たくさんの除染した土の黒い袋を目の当たりにして、皆さんビックリしながら、その様子を記録していました。

20151106_toubu2-osumi_fukushima1.jpg

 

バスを降りると、JR常磐線の線路が目の前に。私も、参加者の皆さんも、大きなため息しか出ませんでした。
まだまだ、復興したとは言えない現状。この電車を利用していた人たちは、今はここにはいないんだ・・・そう思うと悲しいですが、現状を多くの人に知ってもらって福島を忘れないでいることが大事だと思います。

20151106_toubu2-osumi_fukushima2.jpg

 

バス車内では、コープふくしまさんから借りた線量計を順番に使ってみました。同じバスの中でも窓際、右と左など少し場所が違うだけで数値が違うことにもビックリしました。
バイクや歩行者などの通行を規制している区域に入ると数値が変わり、帰還困難区域であることを感じました。

20151106_toubu2-osumi_fukushima3.jpg

 

そういう辛い様子も目の当たりにしましたが、帰りの途中で寄ったJA伊達みらい「んめ~べ」では、地元の人たちと楽しくおしゃべりしながら、りんごをお買い上げ♪

20151106_toubu2-osumi_fukushima4.jpg

「んめ~べ」会場内にはいろいろな物産が販売していました。店舗の中に入ったり、外のテントでの売店をグルリと物色。「買い物するのは復興支援になるよね~」

20151106_toubu2-osumi_fukushima5.jpg

福島に行ってみて、やはりテレビの画面を通して見る光景と、自分の目で直接見る光景は違うものがありました。雰囲気が重くなったままの帰宅ではなく、所々での買い物も“爆買い”ではありませんが、地元の方とお話しながら野菜や果物など持ちきれないほどの買い物もできました。

東部2エリアでは、先日「丹那牛乳」を使ったお菓子を贈る取り組みを行いました。
参加者から「被災地支援としてお菓子を贈っていることとか、私は知らなかった。みんなも知らないと思うから、もっと活動を報告してほしい」と聞き、そういう活動報告も大事だね、と思いました。ありがとうございました。

この記事に関するお問い合わせ・お申込み先

ユーコープ しずおか県本部

TEL:0120-71-8107(受付時間:月~金曜日 9時30分~17時)

お問い合わせ&お申し込みフォーム新規ウィンドウが開きます

サイトマップ

なるほどコープ辞典

知っているようで知らないコープの基礎知識をご紹介しています

ユーコープの本棚

ユーコープのガイドブックや資料、報告書、CMソングを掲載しています

機関誌mio

ユーコープの機関誌です。毎月1回発行

くらしのフムフム

くらしに役立つ情報やかんたんおいしいレシピなどをご紹介しています

このサイトについて